2016年 10月 31日

AWSの用語と解説

はじめに

略称とサービス数が多すぎて覚えられないので、AWSの用語をまとめました
実践で試して気づいた事や感想を追記していく予定です

AWS(Amazon Web Services)

インフラ系のクラウドサービスを提供しているAWSは2006年3月から始まり、現在10周年。
アメリカでは政府機関が使っているほど高いセキュリティ

サービスや機能は800個以上あり、もはや中の人も何がいつリリースされたかわからないらしい

Region(リージョン)

AWSは世界中のデータセンターのサーバーで実行されており、サービスを開始する時はリージョンを選択する
リージョンは以下の通り

リージョン
米国東部(バージニア北部) us-east-1
米国西部(オレゴン) us-west-2
米国西部(北カリフォルニア) us-west-1
欧州(アイルランド) eu-west-1
欧州(フランクフルト) eu-central-1
アジアパシフィック (シンガポール) ap-southeast-1
アジアパシフィック(東京) ap-northeast-1
アジアパシフィック (ソウル) ap-northeast-2
アジアパシフィック(シドニー) ap-southeast-2
南米 (サンパウロ) sa-east-1
中国(北京) cn-north-1

アジアパシフィックを選んでおけば問題ないが、特定のリージョンにしかないマイナーなサービスがあったりするので注意が必要

AZ(アベイラビリティゾーン)

リージョン内のデータセンターのことで、
東京リージョンだと ap-northeast-1a ap-northeast-1b ap-northeast-1c のAZがある

EC2(Elastic Compute Cloud)

仮想サーバ

ブラウザ上で何回かクリックするだけで、簡単にインスタンスが立ち上がる
利用料金はインスタンスタイプや性能にもよるが、最低スペックで 744円/月 くらい?

RDS(Relational Database Service)

リレーショナルデータベース

Amazon Aurora  Oracle  Microsoft SQL Server  PostgreSQL  MySQL  MariaDB
からデータベースエンジンを選択可能

中でも MySQL5.6互換がある Amazon Auroraは1分あたり600万回のインサート、3000万件のセレクトが可能らしい。
下記のサイトによれば、DB性能向上が期待できそう?
http://dev.classmethod.jp/cloud/aws/wordpressdb-migrate-aurora/

Redshift

データウェアハウス

2TBから最大1.6PBまでスケール可能でログなどのビッグデータを保存するのによく使用される
カラムナー(列指向)と呼ばれるデータ格納方式が特徴

Redshift は、PostgreSQL 8.0.2 に基づいている。
なので、PostgreSQL 9系で追加されたクエリが使えなかったりする。

ElastiCache

KVSのキャッシュサービス

Memcached・Redis から選べる
Elastic Cacheではなく ElastiCache(エラスティキャッシュ) という名前なので注意が必要

S3(Simple Storage Service)

オンラインストレージサービス

bucket(フォルダ)
object(ファイル)
という名称がある

1B ~ 5TBまでのオブジェクトを書き込み・読み込み・削除が可能
バケットに容量制限はない

・SLAは99.99%
・静的webサイトのホスティングが可能

CloudFront

コンテンツデリバリネットワーク(CDN)

CDNはAkamaiなどがあるが、それに比べると割高

VPC(Virtual Private Cloud)

仮想プライベートクラウド

Amazon VPCは、AWS上に利用者が占有可能な仮想プライベートネットワークを構築するためのサービス。
このVPCの内部にIPサブネットを作成し、その中に仮想サーバーの「EC2」やデータベースサーバーの「RDS」といったAWSのリソースを配置する。

・ユーザ側で使いたいIP空間(VPC) を作成
・VPCにユーザがサブネットを切ることができる
・サブネット単位で アクセスリストが設定できる

Route53

DNSサーバ

DNSは通常マスターとスレーブ構成にすることが多く、2台で構成する場合が多いが
Route53では、4つのネームサーバーで構成され、全世界にDNSサーバーを設置しているので高可用性である
米国:20   欧州:16  アジア:12  オーストラリア:2   南米:2

・SLA100% (ほんとに?すごい!)
・DNSラウンドロビンでの負荷分散が可能
料金はかなり安い。

ホストゾーン
0.50 USD(ホストゾーンごと)/月 - 最初の25のホストゾーン
0.10 USD(ホストゾーンごと)/月 - それ以上のホストゾーン

標準的クエリ
0.400 USD(100 万クエリごと) - 最初の 10 億クエリ/月
0.200 USD(100 万クエリごと) - 10 億クエリ以上/月

1つのホストゾーンで、10億クエリ行かなければ、月1ドルかからない。

IAM(Identity and Access Management)

ユーザーの権限を管理できるサービス

ポリシーと呼ばれる権限をユーザーにアタッチすることで、該当ユーザーの操作できる範囲を限ることができる

ポリシーは自由に設定可能で、管理者が細かく設定可能で
例えば、とある管理者が s3-readonly-userを作成し S3の閲覧だけを許可するポリシーを作成してアタッチ。など

さいごに

まだまだAWSのサービスはいっぱいあります
ひとつひとつ確認しながら、調べ、実践するのが一番だなと思いました

Yoshida e070c695df5d4bbe8e6b800136356dbfb59e78836e5658e2b5f4e4e33df4a66d
Ryo

グルメ旅とお酒が大好きなプログラマー
大阪界隈の勉強会運営もやってます。
趣味はボルダリング

follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加